サラ金には銀行系とそうでないものがある

一般的に浸透しているサラ金には2種類あります。それは銀行系かそうでないかというものです。どう違うのかというとやはり一番大きなポイントは金利です。
法律にのっとって金利を定めている銀行系のキャッシングサービスと違い、より高い出資法に基づいて金利を定めているのがサラ金、消費者金融です。
これはサラ金の出資法のほうがより高い金利を定めているため、より低い金利で利用したいと思っておられる方は銀行系のキャッシングを受けたほうが良いかもしれません。


サラ金は無担保、保証人なしで利用できる

サラ金の特徴の一つでもあるのが、保証人も担保もなしで融資を受けられるというポイントです。気軽に融資を申し込むことが可能なため、そういうサービスを受けられるのは良いですがやはり危険も伴いますし、金利も高く設定されています。
銀行系は連帯保証人や担保が必須で、返済ができないような人には裁判を起こすこともあります。こわく聞こえるかもしれませんがその分安全なサービスとも言えますね。


審査基準も異なる

やはり銀行が運用する金融サービスは一般の消費者金融より審査が厳しいです。しかしそのぶん金利も低めに設定されていることが多いです。
取り立てに関する悪いうわさもあまり聞きませんし、初めてならば銀行系のほうが良いのかもしれませんね。

Comments are closed.