サラ金の融資勧誘について

以前サラ金をご利用になっていた方にはとても恐ろしい情報をご紹介致します。実は大手のサラ金は「うちで借り入れしませんか?」という電子メールやダイレクトメールでの勧誘を一切行っておりません。しかし現在は新手の融資詐欺というものが横行しており、電話などで「以前融資を受けていた方向けなのですが」という口ぶりで勧誘をしてくるのです。


●サラ金利用の際に少し揉めた方へ●

以前はサラ金と契約をしてお金を借り入れしていたが、今はしっかり完済してもう利用していないという方はとても多くいらっしゃいます。しかしそういった過去を狙って詐欺を仕掛けてくる人間がいます。
「以前借り入れをしていたという情報に基づいてご連絡をしております。現在の信用情報についてご確認させて頂きたいので、一度こちらにご連絡をお願いします。」
とんでもなくいかにもという形の誘惑ですが、以前借り入れした際に少しでも滞納をしてしまった方や契約の際に少しもめたという方は揺れ動く文章です。今後また借り入れをするかもしれないと考える方は、現在のご自分の信用情報について気になるという方もいらっしゃいます。その部分を痛くつくのがこの詐欺の手口なのです。


●以前の利用がトントン拍子にうまくいった方へ●

信用情報の確認のためにメールに自分の情報を記入して送付するというやり方以外に、電話口でそのまま融資の流れに持っていくというやり方も存在しております。この場合は信用情報をまた別の視点で利用し、「以前の借り入れでお客様の信頼性がとても高いという証明を頂きまして、今回は是非低金利でのご融資をご利用頂きたくご連絡させて頂きました。」というような言葉にして来ます。
以前サラ金を利用して滞りなく返済を済ませた方は要注意です。この場合は現在の自分の信用情報内容がとてもレベル高いものになっているため、是非我社で融資を受けて欲しいというものです。そこで融資の契約をする際に手数料としてお金を振り込ませ、そのまま持ち逃げをするというパターンが増えています。

先ほども言いましたように大手のサラ金はダイレクトメールや電話での勧誘は行いません。そして信用情報を元に連絡をする機関も存在しません。そのような言葉が書かれたメールやそのような言動をしてくる電話を受けた際には、消費者センターに連絡をしましょう。
詐欺は心の弱い部分に漬け込んだ犯罪です。自分の過去で当てはまるようなことをもし言われたとしてもそれを鵜呑みにせず、その電話やメールの指示に従わないよう自分の意思を強く持つことが大切なのです。

Comments are closed.